鳥になっちゃうブログ

ツギハギだらけ人生

エゴとSNS

うちの子はかわいい。まあ多分殆どの親はそう思っていると思う。この件に関しては、私の親兄弟、夫の親兄弟、全員揃ってかわいいかわいい一辺倒である。

けれど、私はTwitterでうまくさえずれない病なので、かわいいと思ってもtweetしたりはしないしFacebookにも投稿しない。手帳に書いたり、家族の人間と話すだけだ。

自分の子がかわいいのは、要するに自分がかわいいのと同じことなんだから、SNS上で自分のエゴを出す気にはなれない。数少ないフォロワーのうち顔を知っている相手が数名いて、その人達のうち、独身の人もいるし、子どもがいない人もいるので、そういう人がtweetを目にした時のことを考えてしまうのだ。見ないかもしれないし、別に気にしちゃいないかもしれないけれど。

やっぱり自虐かオチがない自慢は面白くないから。

 

自分が独身期間が長かったせいもあると思う。長すぎたのかも。特にLINEのプロフィール画像を子どもの写真にしている人が信じられない。君は知り合いだけど君のガキとは知り合いじゃないから!!ていうかコナン君とか灰原さんみたいに縮められたの?それならわかるけど!!って強く思って心の中のその人との距離感が1万メートル広がる。

 

わざわざプロフィールを子どもの写真にするのはどんな心理からか?

と、考えてみた。

 

1)自分の写った写真がとくにないから、何百枚もある子どもの写真でお茶を濁す

2)自分のことより、今は子どもに必死なので、子ども=自分みたいなもん。

3)うちの子、かわいいっしょ。これ、自分の血ひいてます^^

 

これ、大体の人は1) か2) だと思うんだけど、どっちにしても、精神的にちょっとやばいと思う。絵本作家「のぶみ」感がある。のぶみ、ちゃんと読んだことないんですがすみません。

親なんだから大なり小なり自分を犠牲にして子どもに尽くすっていう面はもちろんあるけど、いくら赤ちゃんでも別の人間だからね。自分と子どもの境界がない状態ってかなり危ないと思う。

まあ意地悪な見方ですが、3) に受け取られるリスクもある。というか、私にとってプロフィール画像は静かに3)を訴えかけてくるものなのである。

だから全力で思う。

「子どもは、全員かわいいんや!!!目を覚ませ!!!」

 

プロフィール画像といえば、中高生の子のTwitterプロフィール画像で、2人組のプリクラみたいな画像にしている子むちゃくちゃ多い気がするけどこの認識合ってますかね。

あれも、溢れ出す10代特有の自意識と承認欲求のビームがアラフォーには大変キツく、そっ閉じします。