鳥になっちゃうブログ

ツギハギだらけ人生

Twitterでは上手くさえずれない

Twitterは沼だ。興味深い人のつぶやきを遡っていくと、どんどん時間が経っててびっくりする。特に寝付けない日は熱中して読んでしまう。昨夜もそうだった...。

最近よく見ているのは、育児中ということもあり、やはりを子どもをお持ちの方々のツイート。共感したり、発達障害のお子さんや医療ケア児をお持ちの方の頑張りに脱帽したり。うちの1歳児はこれから発達凸凹が強くなるのかそうでないのかまだ分からないけれど、早めの療育が本当に大事である、とか...日々学ばせてもらっている。

だけど同時に、どうやったらTwitterを見ないで過ごせるかというのも課題で、だからこのブログを始めたといっても過言じゃない。人のつぶやきで勉強するのはいいけれど、見れば見るほど自分が賢くなるのかというとそうじゃないから。ザッと見るのに留めておかないと際限がなくて、Twitter酔いのような状態になってしまう。だから、ちゃんと書籍になったものを読んだり、自分の頭で考えて表すことに時間を振り分けたいと思うようになった。私の場合は、思考することとtweetの内容を140字で考えるのはなんか別物というか、何度も推敲したりして、でも140字ではちょっとやっぱり言い切れないし。ってことが多くて結局書くのをやめてしまう。どうやら私はTwitter向きじゃないようだ。

Twitterは、その名の通り、鳥がピヨヨヨ、ってさえずるような、おはようとか、空が綺麗とか、仕事だるいぜとか、3秒くらいで言えちゃうセリフをつぶやくが本来の仕様なのだろうと思う。ズラズラとツリー状に書き連ねるtweetを追うのも好きなんだけど自分でそれを書こうと思うとめちゃくちゃ時間かかるのよね。ホントtweet向いてないわ...みんなすごいわ...。

まあ、きっとこれからも合間合間にスマホTwitterを開いてしまうのだろうけど、ここ数日は、ブログを書いてアウトプットしているおかげか、頭がスッキリしているような気がする。本来、鳥になって好き勝手さえずるはずのTwitterではうまくさえずれないという辛い現象に耐えきれず、はてなブログに逃げてきて息がしやすくなった。フォロワーさんとかもいるわけじゃないから読み手を想定しなくていいし、でももしかして誰かに読んでもらえて、ちょっとでも共感したり面白いと思ってもらえるエッセイになってればこの上ない喜び。とりあえず3日坊主は脱したから、最低1ヶ月続くように。そしたら習慣になるかな?

Twitterより書くのが楽しくて、とても自由になれます。いいねブログは。

鳥になっちゃってる。